ログのわ。

iPhone、Mac、surface、Evernoteの話題を中心に「人生の1秒を、ちょっとだけスマートに!」を発信するブログ。

Twitter Webサービス ブログ

ブログ更新をTwitterに自動投稿してくれる便利なサービス「twitbackr」

投稿日:2012年7月4日 更新日:

どうも。おとそらパパ(@OtoSora_PaPA)です。

私はブログを更新したあとすぐに「ブログ更新のお知らせ」ということでTwitterへ投稿しています。

あたらしい記事の「タイトル」と「URLアドレス」を入力して投稿するだけなのですが、意外とこれが面倒くさいのですよね(笑)

ということでこの面倒くささを解消すべく、いろいろとググったりしておりましたら、なんとブログ更新をTwitterに自動投稿してくれる便利なサービス「twitbackr」を発見っ!さっそくご紹介です。

スポンサード リンク

登録の方法

まずtwitbackr.comへGo.↓
Twitterにブログ更新を自動投稿! – Twitter&ブログ連動サービスのtwitbackr

↓Twitterアカウント(idとパスワードを入力)でログインします。登録はこれだけです。

ブログへの設定方法

Twitterアカウントでログインしたら、下のようにページがかわり「Ping URL」が表示されます。

あとはブログの投稿設定の所定の箇所に「Ping URL」をはりつけるだけです。

別サービスでの説明ですが、いろんなブログサービスへの設定方法が書いてあります。参考まで。。。↓
参考:

ブログ・CMS別Ping設定方法|PINGOO!

ちなみにWordPressの場合は、管理画面から「設定」→「投稿設定」をクリック…

「更新情報サービス」の枠のなかに「Ping URL」を貼付けます。

以上で設定完了です。
これでブログを更新するのとほぼ同時にTwitterに自動投稿されます。

ちなみにこんな感じでシンプルに投稿されますよっ↓

ブログ更新をTwitterに自動投稿してくれる便利なサービス「twitbackr」 – ログのわ◎=Σ http://t.co/MpM1HULM #twitbackr2012/07/04 09:00 via twitbackr

 

こうゆう便利なサービスを活用して省ける作業はどんどん省いていきたいものですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-Twitter, Webサービス, ブログ
-, ,

執筆者:

関連記事

アプリのアイコン画像をiTunesからちょー簡単に取得する方法があった

最近ブログをかきはじめた新米ブロガーの@OtoSora_PaPAです。こんにちは。   ブログに貼付けるアプリ画像をかんたんに取得できる方法がありましたのでご紹介。

musictonic

音楽好きにはたまらない無料Webサービス!!アーティスト名を入力するだけで曲をピックアップ&自動再生『musictonic』

気がつけばいつもバカみたいに何かを歌っております。どうも音楽命@OtoSora_PaPAです。   @lifehackerjapanんのこの記事に、音楽好きにはモーたまらない「musictonic」というWebサービスが紹介されてましたのでシェア。     参考:ちょっとしたBGMがほしいときは「Musictonic」と「君のラジオ」を使ってみよう!|ライフハッカー[日本版]    

ドットインストール

プログラミング学習サイト「ドットインストール」に出会わなければ私のブログ人生はなかった

きのうからブログ人生がはじまりちょーウハウハ気分な@OtoSora_PaPAです。こんにちは。   前回の記事にも書いたとおりブログをはじめる前の私のプログラムに関する知識はほとんどんど「0」。HTMLやCSSはその言葉ぐらいしか知らないというレベルでありました。   先達のかっちょえーブロガーの方々にガシガシ影響され「どうしてもおれワードプレスでブログ書きてー」という想いはふくらんでいくもののHTMLとかわからないしどーしよっ。   と、ひとりでウジウジ悩んでいるときに現れてくれたのが「ドットインストール」の神様。   プログラム初心者ならドットインストール使わない手はない! およそ3分の動画で次々とプログラミングの基礎を学んでいけちゃうこのサイト。しかもすべて無料です。   なんといってもサイト管理人の@taguchiさんによるレクチャーがスゴすぎる。声が心地いいぐらいに聞きとりやすいし、説明もすごくわかりやすい。     サイトのデザインもユーザー思考でちょーわかりやすい。きっとゲーム感覚でプログラムを学習していけるはずです。   っということでプログラム初心者の方はぜひドットインストールでの学習をおすすめいたします。   わたしもまだまだ勉強しないとなあ。