ログのわ。

iPhone、Mac、surface、Evernoteの話題を中心に「人生の1秒を、ちょっとだけスマートに!」を発信するブログ。

slooProImg_20120517210419.jpg

投稿日:

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私、タスク管理は「Wunderlist」一本です。

家族で共通のタスクを管理するならWunderlistがすごく便利で使えます。生活・生計をともにする家族にはぜひとも使ってほしいアプリ。 Wunderlistには必要にして、充分なだけの機能がそろっています。 わたしの家庭のタスク管理は「Wunderlist」一本です。しかも無料。 ☆iPhoneアプリ Wunderlist: To-Do List & Tasks 仕事効率化, ビジネス 無料 (記事公開時) App Storeで詳細を見る

【iPhone】【Googleマップ】検索結果に表示される「大きな赤丸(マーカー)」のアルゴリズムとは?

まだまだお正月の連休を満喫されている方も多いのではないでしょうか。どこそこお出かけする時には「Googleマップ」を使わない手はないですよね。 ストリートビュー、3D表示、ナビゲーションなど、多機能かつ洗練されたユーザビリティで皆を虜(とりこ)にする「Googleマップ」。見知らぬ土地でもこのアプリひとつあれば、もう怖いものはありません。どこへでもあなたの望む場所へ、いちばんスマートな方法で案内してくれます。 きょうは私の中でずっと謎であった、検索時に表示される「赤丸」に隠された秘密をシェア。私はこの秘密を知った瞬間に思わず唸ってしまいましたよ。 参考: Google マップに表示されるアイテム – ビジネスオーナー向けプレイス ヘルプ 「ログのわ」ではGoogleマップについて次のページも書きました 【iPhone】【Googleマップ】「航空写真」モードで地図を見るときのコツ 【iPhone】【Googleマップ】ストリートビューを見る方法と使い方のコツをご紹介 Google Maps 1.0(無料) カテゴリ: ナビゲーション, 旅行 販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 7 MB) 全てのバージョンの評価: (5,203件の評価)

面白い文章にはタネがある/「面白い文章」の極上レシピ!4つのステップで文章を劇的に面白くする

ビジネスシーン、プライベートを問わず、様々な場面で文章力が求められます。 どうせ文章を書くのなら、多くの人に読んでもらいたいですよね。 文章で読者を唸らせる「コツ」はあるのでしょうか? きょうは『誰も教えてくれない人を動かす文章術』から「面白い文章」をつくるテクニックをご紹介。 誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書) 齋藤 孝 講談社 2010-12-17 Amazonで調べる 楽天ブックスで調べる 7netで調べる by ヨメレバ

口下手なんて関係ない!「雑談」をあっという間に盛り上げるコツ!上手な雑談の切り出し方3つ!

@OtoSora_PaPAです。突然ですがあなたは話上手ですか? 「雑談はちょっと苦手なんだよなあ」「ぜんぜん間が持たないしなあ」「何を話せばいいのかわからないし・・・」と悩んだことはありませんか? 会話はコミュニケーションの基本。 とくに雑談はビジネス、プライベートによらず、色んな場面でする機会が多いはずです。 本「雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール」で、著者の齋藤孝教授は、雑談について次のように捉えています。 話し上手と雑談上手は違う 雑談力はだれでも身につくもの 必要なのは会話力ではなくコミュニケーション力 雑談は中身がない話であることに意味がある かくいう私も、筋金入りの話ベタですが、この本を読んで雑談への意識が変わりました。肩の力が一気に抜けた感覚です。 きょうは本の中から、雑談の切り出し方を中心に書いてみようと思います。 雑談に苦手意識のある方は、きっと目からウロコが落ちるはずです。 雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール 齋藤 孝 ダイヤモンド社 2010-04-09 売り上げランキング : 289 Amazon 楽天ブックス by ヨメレバ

【iPhone】テキスト/文字入力をグッと快適にする11のテクニック

photo credit: 55Laney69 via photopin cc ガラケーからiPhoneに乗り換えて3年が経ちました。 乗り換えてからまず第一に苦戦したのは文字入力です。 凹凸のボタンがないので、ガラケー感覚でぽちぽちと入力できない、この苛立ち。 いままでの感覚で操作できないことにちょっとだけ不満があったのを覚えています。 しかしこの3年間で地道にちょっとづつ文字入力のコツみたいなものを身につけ、今では快適に入力できるレベルになりました(まだまだ達人レベルとは言えませんがw)。 ということできょうは、iPhone歴3年のわたしが実践している文字入力「11のテクニック」のご紹介です。