ログのわ。

iPhone、Mac、surface、Evernoteの話題を中心に「人生の1秒を、ちょっとだけスマートに!」を発信するブログ。

medium_8319701768.jpg

投稿日:

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-

執筆者:

関連記事

【Evernote】【Google Chrome】ショートカットキー「???+??」でWebページを1発クリップ!!これが「最速」のWebクリッピング方法だ!!

すべての記憶は、情報の収集からはじまります。記憶の「元」をどれだけおおく拾い集めるかによって「記憶(Evernote)の質」がグッと変わる、といえるでしょう。 情報収集では、なによりも「瞬発力」がいのち。ちょっとでもアンテナに触れるような情報はサッと回収できるような環境づくりがとても大事です。 最小の労力(とストレス)で、もっとも速く情報を収集できる方法や仕組みを創る(創り続ける)ことが大切なのです。 ということで今日は、情報の宝庫であるインターネットからEvernoteに1アクションで「記憶のもと」を放り込む仕組みと方法をシェア。 [Macアプリ] Evernote 仕事効率化 無料 (記事公開時)

【iPhone】【iOS 7.1】Siriに男性ボイスが追加!聞き上手なダンディー執事はしゃべりもうまい!

iOS 7.1がアップデートしましたね。いろいろと便利な機能が追加されているようです。 フラットデザイン独特のアニメーション効果も洗練され、全体的に処理のスピードが上がっている印象。 このアップデートでiPhoneがさらに使いやすくなりました。 今回ピックアップするのは「Siri」。iOS 7.1の目玉のひとつです。男性ボイスが追加され、しゃべり方もよりスムーズになっています。 進化したSiriの注目ポイントと上手な使い方をご紹介。

【iPhone】テキスト/文字入力をグッと快適にする11のテクニック

photo credit: 55Laney69 via photopin cc ガラケーからiPhoneに乗り換えて3年が経ちました。 乗り換えてからまず第一に苦戦したのは文字入力です。 凹凸のボタンがないので、ガラケー感覚でぽちぽちと入力できない、この苛立ち。 いままでの感覚で操作できないことにちょっとだけ不満があったのを覚えています。 しかしこの3年間で地道にちょっとづつ文字入力のコツみたいなものを身につけ、今では快適に入力できるレベルになりました(まだまだ達人レベルとは言えませんがw)。 ということできょうは、iPhone歴3年のわたしが実践している文字入力「11のテクニック」のご紹介です。

【iPhone】遅くなったiPhoneが、たったの10分で完全復活!誰でもできるiPhoneを蘇らせるたった1つの方法。

photo credit: pippoapg via photopin cc 最近、サブ機のiPhone4がとても遅かったのです。それはもう実用に耐えかねるほど。メインのiPhone5と比べるとその差は歴然。ぜんぜんスマートじゃなかったのです(´•ω•̥`) なにをやっても動作はカクカク。動画も観れたもんじゃない。ネットなんてとてもとても、、、日が暮れてしまいます。 挙げ句の果てには、文字入力すらままならない。どこかの有名な腹話術師さんのように数秒遅れて文字が表示されたり、、、 もちろん、ホームボタンもボロボロですよ。あまりの感度の悪さに、一日中つかっていたら、手はパンパン。間違いなくマーサージ屋さんに駆け込むことでしょう。 iPhone4を使っている時のわたしは、「非効率という名の海に、頭のてっぺんまでドップリと浸かっている」そんな感でいっぱいでした。 きょう、紹介するのは、iPhoneを生まれ変わらせる方法(蘇生法)です。 いま述べたすべての問題が解消します。 断言しましょう。「あなたのiPhoneを、復活させます。」 もちろん、、、無料です。

【iPhone】なぜ、気付かないのか?未来のジェスチャーのヒントは、意外にもiPhoneのカタチに隠されているかもしれない

最近、ある考えが ずっと頭から離れません。 それは、iPhoneのジェスチャーについてです。 iPhoneの操作で もっとも邪魔になるのは 自分の指そのものだと気付いたのです。