ログのわ。

iPhone、Mac、surface、Evernoteの話題を中心に「人生の1秒を、ちょっとだけスマートに!」を発信するブログ。

『考え方を鍛えるなら、この一冊!』8年間、夕刊コラムを書き続けたジャーナリストの5つの発想術『「考える力」をつける本』

2014/05/12   -書評
 , ,

『「考える力」をつける本』という本が面白かったのでご紹介。きょうは書評です。 著者の轡田隆史さんは、早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に40年近く勤務していたジャーナリストです。(社会部次長、編集委員、論説委員、編集局顧問などを経て、1999年に退職)。 1996年までの8年間は、夕刊一面コラム「素粒子」を執筆していたそうです。 わたしに、「考える力」について何かを語る資格が、もしあるとするならば、たぶん、このコラム書きという経験で、いくばくかのことを悟ったあたりではないだろうか。p1 「考える」とは何か?

【iPhone】わたしがホーム画面の5列目にアプリをまったく並べない理由

iPhoneの使い方の「こだわり」ってなにかありますか? わたしはどちらかというと、こだわりの少ない方だと自分でおもっているのですが、ちょっと奇妙なこだわりがひとつだけあります。 それはアプリの並べ方についてのこだわり。もうかれこれ2年ほど続けています。 「ホーム画面のいちばん下の列(5列目)にアプリをまったく並べない」 というのがわたしのこだわり。

【YouTube】動画学習に便利な3つのショートカット。学習のコツはDJ感覚か?

YouTubeには、質の良い学習動画がたくさんあります。 一度は、YouTubeを見ながら勉強したり、モノをつくったり、体を動かしてみたり、という経験があるのではないでしょうか。 でも、動画で学習するときに、思いどおりにテンポよく進まないことってありませんか? そんなときに、すこぶる威力を発揮するショートカットをご紹介。

面白い文章にはタネがある/「面白い文章」の極上レシピ!4つのステップで文章を劇的に面白くする

2014/03/29   -書評
 , , ,

ビジネスシーン、プライベートを問わず、様々な場面で文章力が求められます。 どうせ文章を書くのなら、多くの人に読んでもらいたいですよね。 文章で読者を唸らせる「コツ」はあるのでしょうか? きょうは『誰も教えてくれない人を動かす文章術』から「面白い文章」をつくるテクニックをご紹介。 誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書) 齋藤 孝 講談社 2010-12-17 Amazonで調べる 楽天ブックスで調べる 7netで調べる by ヨメレバ

【iPhone】【iOS 7.1】Siriに男性ボイスが追加!聞き上手なダンディー執事はしゃべりもうまい!

iOS 7.1がアップデートしましたね。いろいろと便利な機能が追加されているようです。 フラットデザイン独特のアニメーション効果も洗練され、全体的に処理のスピードが上がっている印象。 このアップデートでiPhoneがさらに使いやすくなりました。 今回ピックアップするのは「Siri」。iOS 7.1の目玉のひとつです。男性ボイスが追加され、しゃべり方もよりスムーズになっています。 進化したSiriの注目ポイントと上手な使い方をご紹介。

【iPhoneアプリ】狙ったタスクは逃さない。最強のタスクスナイパー。

photo credit: Stephen Poff via photopin cc わたしはすごく忘れっぽい性格です。 毎週のゴミ回収日に、特大サイズのゴミ袋を玄関のまえに置き忘れていたり、返却日のDVDをカバンに入れっぱなしで、勤め先からそのまま家に帰り着いたり、そんなのがしょっちゅうです。(恥ずかしながら) しっかりとそのときは覚えたつもりでも、別のことをやり出したり、考えたりしているとすぐに頭の中がからっぽになってしまうのですよね。 こんな感じなので、家内からは「それで(会社で)よく仕事が勤まるわねぇ」なんて、ときどき皮肉を言われたりしているのですが(苦笑) そんな私が愛用するアプリが「Due」。 もうこれなしでは、生活できないほどに依存しております。最高峰のリマインダーです。ちょっとしたタスクはすべて、こいつにお任せしています。 ☆iPhoneアプリ Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 仕事効率化, ユーティリティ ¥500 (記事公開時)App Storeで詳細を見る

【iPhone】テキスト/文字入力をグッと快適にする11のテクニック

2014/02/07   -iPhone
 , , ,

photo credit: 55Laney69 via photopin cc ガラケーからiPhoneに乗り換えて3年が経ちました。 乗り換えてからまず第一に苦戦したのは文字入力です。 凹凸のボタンがないので、ガラケー感覚でぽちぽちと入力できない、この苛立ち。 いままでの感覚で操作できないことにちょっとだけ不満があったのを覚えています。 しかしこの3年間で地道にちょっとづつ文字入力のコツみたいなものを身につけ、今では快適に入力できるレベルになりました(まだまだ達人レベルとは言えませんがw)。 ということできょうは、iPhone歴3年のわたしが実践している文字入力「11のテクニック」のご紹介です。

【iPhone 小技】え?!あの『コンテキストメニュー』も実はスワイプできた!テキスト入力がグッと捗る!

2014/02/01   -iphone-tips
 , , ,

軽快なiPhone操作には欠かすことのできないスワイプ。いろいろなアプリで活躍します。 ジェスチャーの中では、もっとも直感的でわかりやすいのではないでしょうか。 じつは、「コンテキストメニュー」もスワイプできることを知っていましたか?

【iPhone】これは便利→最強の無料電話は『FaceTimeオーディオ』できまりだ!

2014/01/12   -iPhone
 , , ,

「24時間」+「キャリア関係なし」+「高音質」。そんな無料通話機能がiPhoneに「標準」で内蔵されていることを知っていましたか?「FaceTimeオーディオ」という隅に置けない優れものです。 数ある無料電話サービス(やアプリ)のなかで、おそらくこれが最強のツールではないでしょうか。 これはiPhoneユーザーなら知らないとぜったいに損するレベルですぞ。どこを探しても、使わない理由が見つかりません。

【Evernote】シャッターボタンを『1タップ』。Evernoteはカメラの方が楽ちんです/メモや書類を簡単保存!『FastEverSnap』が便利すぎる!

瞳に写りこむ光景は、貴重な記憶です。 「出会い」「思い出」「ライフログ」。。。Webや人にたずねてもわからない情報ばかり。 第2の網膜「FastEverSnap」なら、まばたきするよりも速く、目に映る記憶をEvernote(第2の脳)の中へ焼き付けます。 記憶を記録に。価値をカタチに。 ☆iPhoneアプリ FastEver Snap 仕事効率化, 写真/ビデオ ¥200 (記事公開時)App Storeで詳細を見る