【WWDC 2014】勝手に大予想!iPhoneに新しいジェスチャーが実装される?!背面/側面にタッチセンサー

スポンサーリンク
Apple

Wwdc14 home branding

いよいよ、6月3日からWWDC 2014がはじまりますね。

iPhone6の発表、廉価版Mac、iOSの新バージョン「iOS 8」の発表などなど、界隈ではいろいろな噂や下馬評がとびかっているようです。

そんな中、わたしは、iPhoneにあたらしいジェスチャーが実装されるのではないかと、密かに予想しています。

スポンサード リンク


側面と背面にタッチセンサー

IPhonemedium 3187926964

photo credit: Leeks via photopin cc

さて、1年ほど前にこのような記事を書きました。

【iPhone】なぜ、気付かないのか?未来のジェスチャーのヒントは、意外にもiPhoneのカタチに隠されているかもしれない

この記事では、タッチパネルセンサーをディスプレイだけでなく、側面パネルや背面パネルにも実装できれば、もっと直感的にiPhoneを操作できるのではないか、というわたしの勝手な予想をつらつらと書いてみました。

たとえば、

  • iPhoneの縁(側面パネル)を上下になぞれば、画面をスクロール(これでじぶんの指で画面が隠れたりすることがなくなります)できたり、

  • 右手で操作する場合と、左手で操作する場合とで、それぞれユーザーインターフェースが最適化されたり、

  • より直感的なジェスチャーでアプリを起動(たとえば、iPhoneを横にして、両端をゆびでつまむように構えれば、カメラアプリが起動する)できたり、

など、直感と操作の距離がグッと近くなるジェスチャーが登場するのではないだろうか、と(勝手に)思っているわけです。

リークしている情報もその裏付けでは?

最近、iPhone6に関する様々な情報がリークされています(真偽の程はわかりませんが)。

大型化」「ベゼルの狭小化」「丸みを持った背面パネル

これらの情報からみても、やはり新しいジェスチャー(側面・背面タッチセンサー)の登場が濃厚なのではないか、と踏んでおります。

つまり、

Back Cover

via:[BREAKING] iPhone 6 Rear Cover Photo / Macfixit Australia Blog

といったような、ほとんどこじつけ的な妄想をしているわけです。

なにはともあれ「WWDC 2014」でどんなサプライズが待ち受けているのか、楽しみですね。

ほいじゃーねー!!

コメント