【iPhoneのニクイ小技】意外としらない?!日本語キーパッドで『括弧』が入力できるように!

スポンサーリンク
iPhone

フリック入力で括弧入力

いろいろと思うところがありましてiPhone6に機種変更しようかどうかちょっと迷っていたのですが、つい先日やっと決意。

替えましたよ。iPhone6に。

なんだかんだ言っても、やっぱり画面がおおきいと使い勝手がいいですね。見やすいしね!

バージョンアップされたiOS8も、「通知ウィジェット」や「Hand off」など、多くのニクイ機能が新たに追加されており、iPhoneがさらに便利になっている感じ(まだまだ使い方のよくわからない機能がたくさんあるようですが)。

そんなたくさんの新機能のなかでも個人的にイチオシなのが、日本語入力キーパッドに搭載された「括弧のフリック入力」です。

これ、地味に便利なのですよ。

スポンサード リンク

左右フリックで括弧入力

「や」行の左右フリックに括弧が搭載されています。
フリック入力で括弧入力
↑左にフリックすれば「括弧開き」
右にフリックすると「括弧閉じ」
うん。わかりやすい。

文章にリズムをつけたり、適度に強調したりと便利に使えるが括弧。わたしの中ではかなり使用頻度のたかい装飾記号なのです。

穴子さん

(わかりやすく言えば、サザエさんの構図でいうところの「穴子」さんの立ち位置ぐらいになるのでしょうか。ときどき話の中に登場してはストーリーの流れに軽くスパイスをまぶす。うん。)


いままでは、いちいち数字キーパッドやアルファベットキーパッドに切り替えてから括弧を入力していたのですが、もうその必要はなし。

日本語キーパッドの画面ままですばやく括弧を入力することができるようになったので、これからは重宝されることまちがいなしの機能です。

まとめ

それにしても、「や行」のカラッポだった左右の隙間に、割とよく使われる括弧を搭載するとは。

しかも、左フリックで「括弧開き」を、右フリックで「括弧閉じ」を割り当てられているから、これが直感的でわかりやすく、操作しやすい。

Appleのデザインに対する考え方には、学ぶべきことが多いですね。

デザインとはどう見えるかでなく、どう機能するか。

アップルのデザイン責任者「世の中の物体のほとんどが適当にデザインされている。」|リーディング&カンパニー株式会社

コメント