【iPhone】【Googleマップ】ストリートビューを見る方法と使い方のコツ

iPhone-app

Skitch

Google Mapsの目玉機能のひとつ。「ストリートビュー」。地図では見る事のできない色々な状況(情報)がストリートビューではくっきりとみえてきます。
きょうはその使い方とちょっとしたコツをエントリー。

Google Maps 1.0(無料)App
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 7 MB)
全てのバージョンの評価: (4,642件の評価)

スポンサード リンク

ストリートビューを表示(アクセス)するには?

まずは、ストリートビューを表示する方法を。

▼①場所やお店をタップして、画面下の情報シートをタップ

Skitch

▼②情報シート内のストリートビュー(画像)をタップ。
するとストリートビューが表示されます。

Skitch

ストリートビューの使い方

基本的な使い方とちょっと便利な機能を下に。

周りの風景をみまわす

▼周りの風景をぐるりと見て回るには、1本指でパノラマを自由にドラッグします。
水平(左右)方向に360°まわりの風景を見回すことができます。

Skitch

場所を移動する

場所を移動する方法は2つあります。
▼画面の下の白い矢印をタップする

Skitch

▼移動したい道路上でダブルタップして移動することもできます。

Skitch

バーチャルスペースでストリートビューをみる

▼画面を1 回タップしてメニュー オプションを開きます。左下の 2 つの矢印がくるくると回っているようなボタンをタップします。

Skitch

iPhoneを片手に持ったまま、上下左右にうごかせばその動作が画面に反映され、まるでその場にいるかのようなストリートビューになります。(これにはちょっとビックリ)

ストリートビューを終了する

▼画面を 1 回タップしてメニューオプションを開きます。画面左上の ←矢印(戻る) をタップ。これでストリートビューの終了です。

Skitch

ランドスケープ(画面横長)モードが便利

▼ストリートビューは縦方向よりも横(水平)方向に、知りたい情報がつまっています。iPhoneを横に傾けてランドスケープモードで表示すると、画面がよこに広がりますので一覧性が高まり、一度により多くの風景をみることができるので便利ですよ。
Skitch

Google Mapsにはこの他にも便利な機能がありすぎて、もう手放せなくなってしましましたw
これほどユーザビリティの高いマップアプリが今まであったでしょうか。超ど級の方向音痴のわたしにとってはもう必須アイテムですよ!

これからもGoogle Mapsをどんどん活用しますよっ!

ほいじゃ。

Google Maps 1.0(無料)App
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 7 MB)
全てのバージョンの評価: (4,642件の評価)

コメント