【Evernote活用術】よくつかう検索条件は保存しよう!「保存された検索」でノートを素早く見つけだすテクニック

スポンサーリンク
Evernote

検索条件を保存する方法

強力な検索機能でノート(情報)をすばやく見つけ出せるのがEvernoteの大きな強みです。

きょうはEvernoteの中の情報をひっぱりだすテクニック「保存された検索」をご紹介。

スポンサード リンク


Evernoteは、あらゆる角度からピンポイントでノートを見つけ出すことができます。

検索条件を絞り込むことで、すばやく目的の情報をひっぱり出せるのです。

しかしたくさんある検索条件を毎回々々、設定するはけっこう大変なこと。検索構文をいちいち覚えるのも一苦労です。

検索構文 – Evernote Developers

そこで、便利につかえるのが「保存された検索」機能。

頻繁につかう検索条件はいつでも呼び出せるように保存しておけばさらにEvernoteを快適につかえますよ!

検索条件を保存する方法

iPhoneとMacでは、ちょっと勝手がちがいます。まずはiPhoneから。

iPhone編

検索条件の保存方法iPhone ↑ホーム画面右上の検索(虫メガネ)アイコンをタップします

検索条件の保存方法 ↑検索ボックスに検索条件を入力します

検索条件の登録方法 ↑検索結果が表示されるので右下の検索保存のアイコンをタップします

検索条件の保存方法 ↑さいごに検索条件に名前をつければ保存完了です

検索条件の保存方法 ↑「保存された検索」リストに検索条件が追加登録されます

Mac編

つづいてMac編。

検索条件の登録方法 ↑検索窓に検索条件を入力します

検索条件の登録方法

↑「編集メニュー」>「検索」>「検索を保存」の順にクリック

検索条件の登録方法

↑さいごに検索条件に名前をつければ保存は完了です

検索条件の登録方法

↑「保存された検索」リストに追加登録されます

さいごに

Evernoteを上手に使えるかどうかは、情報をひっぱりだすテクニック次第だと個人的にはおもいます。

蓄積された大量のノートの中から、必要なネタをスパッと見つけ出す。

それができれば、あなたとEvernoteとの距離がグッと近くなり、第二の脳がさらに活性化していくはずです。

あっ、そうそう。「保存された検索」は「ショートカット機能」との連携 でさらに威力を発揮してくれますよ。

Evernote☆iPhoneアプリ
Evernote
仕事効率化, ユーティリティ
無料 (記事公開時)
App Storeで詳細を見る

App Storeでチェック
Evernote[Macアプリ]
Evernote
仕事効率化
無料 (記事公開時)

App Storeでチェック

コメント